アルツハイマー型認知症の治療と付き合い方

多種多様あるソフトを活用

パソコン

介護師に従事する際に業務に含まれる事務作業には手間のかかるものが多いかと思います。介護ソフトを導入することで事務処理をより効率的に行うことができ、大幅な時間短縮に繋がります。

詳細へ

介護事業の経営の安定化

パソコン

介護事業の経営はとても難しく安定し辛いものです。事業内容にあった介護システムを導入することで業務の効率化、時間の短縮に繋がりその結果、大きく経営の安定化に近づくことが可能です。

詳細へ

介護拒否の予防

介護

認知症の中にはアルツハイマー型認知症というものがあり、アルツハイマー型認知症は認知症の中で1番多いとされ全体の半分以上を占めている病気です。その症状として代表的なものに記憶障害があります。記憶障害は普通の物忘れとは違い、直前のことやその日あったことなどを記憶することができなくなります。その他に判断力の低下や見当識障害などの症状があり、見当識障害ではその日の日付、アナログ時計の読み方がわからない、自分の慣れ親しんだ家の構造がわからなくなるなど生活に支障をきたす症状がでます。
アルツハイマー型認知症の方の介護を行う際、その心理状態から介護拒否を受けることが多々あるでしょう。拒否を行う理由として、この病気を患っている方は同じ話を何度繰り返し話したり、何度も聞き返したりします。介護をしていると同じことをなんども繰り返されることで、何度も聞いた、など冷たい対応をしてしまう方も少なからずいると思います。しかし、この病気を患っている方は自分が話したことや直前に聞いたことを全く記憶できず本当に話してないし聞いてないと考えています。それに対してもう聞いたと否定をしてしまうと否定された側は不快な気持ちになるでしょう。この病気を患っている方はこういった場面に多く遭遇します。その際に感じた不快という気持ちや怒られたという感覚のみが強く頭に残る傾向があり、そういったことが積み重なった結果として鬱傾向がみられ介護拒否に繋がるのです。アルツハイマー型認知症の方の介護を行う際にはどれだけ話を繰り返し話されたり聞かれたりしても怒らず、寛容な気持ちで介護を行ないながら治療していくことが大切です。もし、介護に関して不安を感じたら治療を行っている病院などで相談をしてみるといいでしょう。自宅でできる簡易的な治療の方法など様々な話を伺えるでしょう。この病気は治療の難しい病気なので気長に優しい気持ちで傍にいることが大切です。

介護付老人ホームの費用

介護

介護が必要になった高齢なご家族がいるけれど、自身も他の身内も多忙で介護ができない場合があります。松戸市には様々な介護サービスを受けられる介護付老人ホームが多数あり、介護が必要なご家族も安心して任せることができるでしょう。

詳細へ